群馬風俗いけないOL哲学でセックスできるってよー

20191118085533f3c.jpg

群馬風俗いけないOL哲学でセックスしてやる

この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/85
由衣
由衣やる気無し

美鈴
客には最高 中出しし放題 締まり最高 何回でも中に出せる 美人 スタイル良い

群馬風俗いけないOL哲学『美鈴』とセックス

みすず
真っ白くて細くてぷるんぷるんな肉便器ちゃん!

後ろからぱいぱいを鷲掴みしてばっこんばっこん!

この肉便器とのセックスはこんな感じでしてやる。。。

ベッドに押し倒し、キスの雨を降らせる。

甘いキスに呼応するように身体が熱を持ち始め、鼓動が高鳴るのを感じた。

『あっ……っ』

服を脱がせ合い、互いの素肌の温かさを感じ合う。

俺は指先で彼女の胸の頂で主張する小さな桜色の蕾を摘み、時折優しく吸い上げて刺激を与える。

『んっ…んんっ…あっ、あっ』

俺の愛撫に合わせて甘い声を漏らす。

「敏感」

『あっ……ぁあ…ッ、もっと……』

男心をくすぐる彼女の甘い声は俺の余裕を一瞬で奪い去った。

首から胸へと順に顔を埋めながら、彼女の透き通るように白い身体に赤い華を咲かせていく。

そして、これから深く愛し合うという合図。

彼女の大事な部分に触れれば、既に溢れ出た愛蜜でぐっしょりと濡れていて、俺の指を容易に受け入れた。

『あぁ……っ』

彼女の身体を快感が走る。

俺は快感に溺れ始めた彼女にそっと微笑み、首筋に舌を這わせながら、彼女の中に埋めた指の動きを早めていく。

『ぁああっ…やぁ……やめ…っ…あぁぁ…っ』

グチュグチュといやらしい音が、静かな部屋に響き渡る。

「気持ちよさそうだな。ほら、また溢れてきた」

俺の愛撫によって彼女の呼吸はさらに乱れていく。

『ああ…はぁっ…アッ…お願い…も、ぁ………挿れてっ…』

甘い喘ぎ声をあげて身悶え、懇願する彼女の姿は俺の情欲と加虐心を煽り立てた。

「挿れるよ」

俺は硬く反り立つ立派な肉棒を佳子の大事な部分に宛てがい、彼女の腰を掴んで先へと押し進める。

『あ、あぁあっ…んッ…』

俺はたまらなくなって、彼女の前髪をそっとかき上げ、額に優しいキスを落とした。


一つに繋がったまま、俺は彼女の身体に、ただ優しいキスを繰り返した。


『ぁあ、あ…』


少しずつ、確実に、彼女は俺の愛撫によって快楽に導かれていった。


彼女は、甘い吐息を漏らしながら、トロンとした目で俺に色っぽい視線を送っている。


熱い蜜が溢れ始めたのは、彼女の身体が俺を受け入れる準備が整った証。


「無理だったら言って」


『ふぁッ…ぁ、無理、なんかじゃ、ない…っ』


彼女の体に負担をかけまいと、今すぐ貫きたい衝動を抑えながらゆっくりとゆっくりと慣らしていく。


彼女の体は、次第と俺のモノを奥へと受け入れていく。


『…や、ああぁ…、だめ…ッ…』


彼女は甘い悲鳴を上げ、ぎゅっと俺の身体にしがみつく。


「なにがダメ?」


『…違ッ…ダメ…ぁんっ…ふぁ…気持ちくて…おかしく、なっちゃ…』


「だったら、もっと気持ちよくなって」


彼女が、自分を感じていることを確信した俺は遠慮していた腰を奥まで進めた。


『ぁあああっ…』


「……んッ…っ」


これ以上にないくらいに深く繋がると、彼女は身体を小刻みに震わせながら達した。


「イッた?」


俺の言葉に、彼女は恥ずかしそうに頷く。


「でも、もうちょっと頑張って」


優しくしてやりたい、けれど、もっと鳴かせたい…。


限界まで高ぶった気持ちに、もう抑えなどきかなかった。


俺の激しい律動に合わせて、彼女の身体がいやらしく揺れる。


『…あっ…ふぁ…っ』


「…ン……っ、狩野のナカ、すっげぇ気持ちいい」


ギリギリまで抜いては一気に腰を落とす。


俺の激しい動きに彼女自身も絶頂に向けて快感が高まっていく。


『……っ、あ、あ、ぁあああっ、……っ』


背筋を駆け上がる痺れるような快感が、彼女を襲う。


「俺も、イくよ」


『あっ…はぁあっ……』


俺は、彼女の一番深い場所で、真っ白な熱い欲を注いだ。


身体も、心も、すべてが一つに溶け合った瞬間。



コメント

非公開コメント