長野風俗エリシオンでセックスできるってよー

長野 エリシオン

長野風俗エリシオンでセックスしてやる

この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/84

綺蘭 kira
きらちゃんいいよ!!

葵衣 aoi
あおいはデブだよ 金払えば本あり

長野風俗エリシオン『あおい』とセックス

あおい
クソマンコ腐れビッチ肉便器のあおいとセックスしてやる!!

この肉便器とのセックスはこんな感じでしてやる。。。

俺は彼女を抱き寄せ、甘くねっとりとキスする。

彼女は体を固くしている。

「そんなに緊張しないで…。全部俺に任せてくれればいいよ」

もう一度キスしながら、今度は乳房を揉む。

鷲掴みにしてはいけない。

ねっとりと、感じさせるように…。

「さあ、横になって…」

俺の愛撫に感じてくれたのか、彼女は崩れ落ちるようにベッドに座り込んだ。

それを押し倒して、俺は彼女にのしかかる。

「んっ…ふ…っ…」

執拗とも思えるキスの間に聞こえる、艶っぽい声。

仮初めの恋人を演じてあげると、こうして興奮する女性もいる。

俺は、彼女の着ているものを、丁寧に脱がせていく。

喉に唇を這わせ、乳首を優しく舌で転がし…。

「あっ…は…ぁ…」

彼女の陶酔した表情を見て、俺はぴんときた。

この人は、男から、乱暴な愛撫しか受けたことがない。

今日は、俺が、徹底的に感じさせてあげたい。

正直、俺は口下手な方なので、言葉責めなどはやりづらいけれど…。

それをごまかすかのように、俺は彼女の乳首から口を離さない。

自慢の指テクをこの人に褒めてもらいたくて、秘所に手をやる。

すでに濡れ始めているそこを、クリトリスごと、中指で撫で上げる。

「あっ…あ…ん…」

「乳首とクリトリス…どっちが感じるの…?」

彼女が高ぶるのと同じタイミングで、俺の欲情も深まっていく。

こんなことは、数年前に別れた恋人との情事以来だ。

「どっちなの…。ちゃんと言ってよ…」

彼女は、恥ずかしそうに顔を背けてしまった。

さっき初めて会った人だというのに、それを愛しいと感じている。

俺は、彼女の脚を大きく広げて、彼女が恥ずかしがる隙を与えずに、顔を割り込ませた。

「あっ…そこは…」

脚を閉じようとする彼女だったけれど、俺はその脚を押さえ付けるように押し広げる。

「こんなに濡れてる…。俺が全部舐めてあげる。意味ないかもしれないけどね…」

「あっ…だめ…ぇ…」

彼女の抗議は無視して、俺は女性の一番敏感な部分を、一心不乱に舐め回す。

時々、どの程度濡れているかを確かめるために、指を挿入する。

なかなか濡れてこない。

でも、かなり感じてきてはいるようだ。

声がどんどん艶っぽく濡れてきている。

それを見た俺は、他人の女性だというのに、恋人のもののように、一生懸命むしゃぶりついている。

「あっ…あぁん…」

「感じてくれてるんだね…。もっと感じさせてあげる…」

俺は一度体を起こし、彼女の上半身を起こし、肩に手をやる。

そして、ベッドの脇の道具箱から、バイブを取り出した。

衛生上、きちんと消毒するスタッフがいるので、そこは問題ない。

「…どう?興味ない?」

バイブを見た彼女は、顔を背けてしまった。

「いや…怖い…」

彼女のように、おもちゃ…特にバイブを怖がる女性も、少なくない。

気持ちいいよと誘惑してあげたら、こわごわ受け入れて、その快感に声を上げて喜ぶ人も、時々はいるけれど…怖いという人に無理をさせては、気を悪くさせるだけだ。

俺は、彼女を、とことん気持ちよくさせてあげたい。

その気持ちは、俺が恋人に対して抱く気持ちに、よく似ていた。

俺はバイブを置いて、別のものを手に取った。

「じゃあ、これは?」

「え…何それ…?」

「電マだよ。これなら、挿入はしないから、怖くないよね?」

彼女は、快感と不安の間を行ったり来たりしている表情だ。

「ちょっとだけ…。ね、ちょっとだけだから…。いやなら、すぐやめるから…いいよね?」

俺は、恋人に甘くねだるように言っていた。

曖昧な表情を見せた彼女だったけれど、俺は電マを彼女のクリトリスの辺りに押し当て、スイッチを入れた。

ヴィーン…と音を立てて、電マはバイブよりもはるかに小刻みに振動する。

「え…あっ…う…そ…」

どうやら、電マの振動で感じているらしい。

「どう?これでもいやだと思う?」

気持ちいいとはっきり言うのは恥ずかしいようだ。

彼女は、首を微かに横に振った。

彼女のクリトリスをピンポイントで捉えるよう、俺は電マの角度を変えながら、注意深く彼女の表情を見る。

俺に上半身を預けきって、快感に溺れるその表情が、俺にとってはこの上なく嬉しい。

耐えかねたように、彼女は俺にしがみつく。

その額や頬に、音を立てて口づける。

眉根を寄せて感じている彼女と、ひとつになりたい。

この人に、俺のものを、俺自身を、受け入れてもらいたい。

禁じられた欲望に気付いた俺は、

「俺ももう我慢できないから、挿れちゃうよ」

思わず制止の声を上げようとした彼女だが、俺の男根を秘部が受け入れる方が早かった。

「あぁっ!…んぅっ」

「うわっ超きつい。動くとすぐイキそうでヤバ」

(うぅ…入っちゃった…)

俺は深呼吸をすると、ゆっくりと腰を動かし始めた。

(硬くて大きい…)

(ダメなのに…すごく気持ちいい)

「…んっはぁ…っ」

下唇を噛んで声を抑えようとするが、もう頭にもやがかかり、どうして声を抑えないといけないのかわからなくなる。

彼女は俺の律動によって、また波が押し寄せてくるのを感じた。

「やぁ、あぁっ…またイっちゃうぅ」

「俺ももう少しで…イくっ」

俺は切なそうな声で言うと、腰の動きを早めた。

「嘘ぉ、やぁっ…あぁんっ…」

彼女の秘部がキュっと締まり、俺の男根を締め付けた。

「…ぅうっ」

俺の熱い白い液体が彼女の中へ流れていった。。。


コメント

非公開コメント