群馬風俗人妻の魅力でセックスできるってよー

群馬 人妻の魅力

群馬風俗人妻の魅力でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/139

あさこ
あさこ 生でした セックスやり過ぎ

群馬風俗人妻の魅力『あさこ』とセックス

あさこ
おっぱいは、むっちり!!

おまんこは、やりすぎ!!

でも生でもできちゃうのよぉーーー!!

いくらでも挿入してねぇーーー!!

肉便器あさことのセックスはこんな感じだろう!!


「まだあさこが足りない」

話してる間にも頬や耳にキスをされていく。

そうなれば、抵抗する力もなくなっていく。

「んんっ…」

「その気になった?」

意地悪な顔をした彼を見て、ついつい反抗心が湧く。

「…なってない」

「じゃあ、その気になってもらわないとな」

彼はいつもより優しく肌に触れてきて、だけど肝心なところには触れない。

擽ったさより確かな熱を感じるのに上手く消化されない。

「はっ…んっ…やぁ」

小さく抵抗しても目で咎められる。

「っ…わって…」

「ん?」

「ちゃんと…触って」

自分からおねだりしてしまったことが恥ずかしくなって目を逸らしていたら、顎を掴まれむりやり目を合わせられる。

「もう1回」

「…っ…ちゃんと触ってほしい…」

「よくできました」

彼はにっこりと笑うと、先ほどまでの優しい愛撫とはうってかわって、確実に追い詰めるように気持ちのいいところばかりを責めてくる。

胸を鷲掴みにされて、乳首を甘噛みされながら、もう片方の手はクリトリスを執拗に刺激する。

「あっ…んっ…はげしい…」


「かわいい。ほら、ここいいだろ?」


「やっ…あぁっ…そこは…ダメ…」


指が中の弱い部分を的確に責め立てる。


ダメと手を持っても、彼の腕はビクともしない。


「…っ本当に…イッちゃ…うから…っ!」


「いいよ」


そう言うと指の動きが激しくなり、呆気なくイかされた。


「…かわいい。次は俺も」


いつもなら、そう言われたらすぐに入ってくるのに、今日は入ってこない。


「…あれ?」


不思議に思って問いかけると、彼はニヤリと笑う。


その表情を見て、本能的に私は後ずさる。


「あさこ。今日は…頑張ってみようか」


そう言って、彼の膝の上に跨らされる。


「無理!やだ…」


「もっと気持ちよくなりたいだろ?」


「…っ」


「そんなかわいい顔してもだめ」


座っている彼の肩に手を置き、ゆっくりと腰を下ろす。


「んんっ…むっ…り」


「っ…大丈夫ちゃんと入ってる」


いつもよりリアルに彼を感じ、最後まで腰が下ろせない。


「ねっ…あっ…もう…無理」


「しょうがないな」


しかたないと顔をした彼は私の腰に手を添え、そのまま容赦なく腰を落とされた。


「あぁっ…!!」


全部入ったと同時に、私は呆気なくイってしまった。


「イったな。悪いけど、俺も限界だから動くぞ」


「ちょ…っと待って!無理。今、動いちゃダメ」


「悪い。無理」


腰を掴まれ、奥を責めたてられる。


「あっ…あぁっ…やっ…またイっちゃ…う」


「っ…。俺もイく」


責め立てるスピードが上がり、どんどん追い詰められる。


「あぁっ!」


すぐにイってしまい、彼にもたれかかる。

コメント

非公開コメント