群馬風俗回春アナリスト高崎店でセックスできるってよー

群馬 回春アナリスト 高崎店

群馬風俗回春アナリスト高崎店でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/130

かおる
かおるがオバサンて時点で呼んだことないのバレバレ

群馬風俗回春アナリスト高崎店『かおる』とセックス

かおる
アナリスト、かおる!!

アナルを掘るのも、掘られるのも得意なのよぉー!!

だってぇーーアナリストだからぁーーー!!

前の口と、後ろの口の両方から攻められるのが好きなのー!!

アナリストだからぁーー!!

全ての穴に挿入してもらいたい!!

肉便器かおるとのセックスはこんな感じだろう!!


「かおる。」

『なぁに?』

「裏切り者。」

『何のこと?』

「とぼんけんなよ。脱げ。」

『えっ?』

「聞こえただろ。脱げ。早く。」

突然放たれた命令は、いつだって優しい彼とは思えない程に冷たく、威圧感があった。

事態が飲み込めないかおるの足はすくみ、瞳は恐怖で滲んだ。

「これ以上怒らせるなよ。」

怒らせるようなことをした覚えはないが、今の彼に逆らうことが恐ろしく、ためらいながらも彼の言う通りに服を脱いだ。

『ぬ、脱いだよ…。』

下着だけを身につけた状態で彼の前に立つ。

見慣れているとは言え、自分から脱ぐことに激しい羞恥心を感じた。

「下着も。全部。」

『そんな…。』

「脱げないなら分かるよな。」

『待ってよ!ヤダ…なんで…。脱ぐから、お願い…。』

自ら下着をも外し、一糸まとわぬ姿を彼の前に晒す。

片手で胸を隠し、片手で大事な部分を隠し、恥ずかしさのあまりに涙目で小刻みに震えた。

「俺が怖い?」

『何で急にこんな事するのか分からない…。』

「かおるには俺しかいないって、調教し直す必要があるなって。」

『こんな事しなくたって、私にはあなたしかいないよ。』

「さぁどうだか。口ではなんとでも言えるよな。」

そう言った彼はかおるの大きな胸が形を変えるくらいに揉みしだいた。

『…あぁ…いや、だめぇ…』

「何がダメなの?」

『こんな無理矢理みたいなの、嫌だよ…。』

「とか言いながらしっかり感じてるくせに。こんなに硬くしてさ。」

主張し始めた小さな桃色の果実を激しく舐め回した。

『ぁ、やあぁぁ、』

かおるは白い肌を紅潮させていく。

無理矢理でも、愛撫に感じずにはいられなかった。

彼はズボンのファスナーを引き下ろし、硬く膨れ上がったモノをズボンの外へと出した。

「跪いて咥えろ。」

恐る恐る、ゆっくりとしゃがみこんだかおるの柔らかな唇に、欲望で膨れ上がった先端を押し当てた。

戸惑いながらも唇をわずかに開き、透明な体液が滲む先端を優しく舌先で形をなぞる。

「もっと激しく。」

遠慮がちなかおるの愛撫は彼を満足させるには不十分。

彼はかおるの頭を押さえて、口いっぱいに咥えさせ、じゅぶ、じゅぶと出し入れした。

口いっぱいに彼のモノを受けて、苦しそうに顔を歪めながらも懸命に奉仕するかおる。

『んッ…んっ、』

「…ッ、はっ…、上手いな。もっと舌使って。」

腰を前後に激しく動かす。

少し乱暴かもしれないと薄々思いながらも、もう今更止まらないのだった。

『んッ、んんッ…』

「かおるも気持ち良くなりたいだろ。後ろ向け。」

彼は低い声で囁き、かおるをソファに肘をつかせて、小さなお尻を自分の方へと突き出させた。

高ぶったモノの先端をあてがい、勢い良く腰を推し進める。

彼の欲望に膨れ上がった大きなモノが、かおるの狭いナカに収まっていく。

『あっ…はぁ、あぁあぁぁ!』

強引な挿入に、かおるは悲鳴に近い声を上げながら、体を仰け反らした。

華奢な体を掴み腰を前後に動かせば、繋がりあった部分からいやらしい水音が響く。

『んっ、あっ、あぁあ、』

「もっと感じて、もっと喘げよ。お前には俺だけしかいないんだよ。」

小刻みに浅く抜き差しをしたり、一気に奥まで打ち込んだり。

狂ったように彼女を求め、容赦なく突き上げ、掻き回した。

動きに合わせてかおるの口からは甘い鳴き声が漏れる。

『ぁ、あっ、ぁ、あぁあ…』

彼からかおるの表情は見えないものの、ソファのカバーを握りしめて快楽を受け止める姿は彼の支配心を満たしていった。


こんなにも一方的に、背後から強引に犯すような行為は初めてだったが…。

始めは嫌がっていたかおるも、気付けば快感の波にただ溺れていた。

より深い快楽を与えようと、より深くまで、激しい律動を繰り返した。


『あたし、もう…だめぇッ、イっちゃう、ぁああぁ、』


律動に合わせて愛蜜が飛び散り、互いの呼吸が激しく乱れる。

甘い声と共に、かおるは小さな身体を小刻みに震わせ、絶頂を迎えた。

同時にナカの収縮も激しくなり、彼のモノを絶頂に導くように熱く締め付けた。


「俺も…イくッ…」


最奥に熱い欲をぶちまけた。
最後の一滴まで、残すことなく注ぎ尽くす。

たちまちかおるの中は彼の大量の欲で満たされてゆく。

愛液と白濁の液が混ざり合って溢れ出した。

コメント

非公開コメント