山形風俗ディアイズムでセックスできるってよー

山形 ディアイズム

山形風俗ディアイズムでセックスしてやる

この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!

参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/80

マナカ

マナカは小さくて可愛いな!接客もサービスも文句なし


オト
悪くないが基梨だった

ネオ

皆さまの期待を裏切らない!ハイクオリティーキュートガール♪ですよー!


ハナ

ハナ情報ありませんか ルックス並中、プレイ並下

山形風俗チェリー『オト』とセックス

オト
肉便器まいとのセックスはこんなな感じだろう!!

俺は頭を優しい手つきで撫でた。

後ろから頭を撫でていた手のひらが、耳を伝い、首筋を伝い、肩へと静かに置くとそのまま俺の大きな手のひらが彼女の胸元へ…。

身体をなぞるように手で触れられると、ゾクッと反応していた。

「可愛い…、こっちおいで…」

寝室のベッドへと連れて行く。

優しく頭を撫でながらベッドへ横に寝かせ、俺はベッドの端に腰かけて彼女に熱い眼差しを送っていた。

彼女は、ゆっくりと脚を開き、シャツを胸元までめくり上げた。

そして、後ろに手を回してブラのホックを外し、緩んだブラをずらすと、硬くなり始めている乳首を指先で撫でる。

恥ずかしいのに、それ以上のものすごい高揚感に包まれる。

彼女は自分の乳首を弄りながら、自然と腰を動かしていた。

反対の手はゆっくりと下半身へと降りていく。

パンティの横から指を差し込むと、

「クチュリ…クチュリ…」

と水音が響いた。

だんだんと息遣いが荒くなっていくのは俺でもよくわかる。

「素敵だよ…」

俺は開いた内腿を指先でそっとなぞりあげた。

「あぁんっ…」

思わず、指先にビクビクっと身体が反応して声をあげてしまった。

「敏感なんだね…本当に素敵だ!」

俺はそう言うと、パンティを下して、彼女の両脚の付け根をガバッと押し開く。

それから、淫らに濡れた蜜壷に唇をつけ、舌をねじ込んできた。

そして、熱い吐息をかけながら、舌をペニスのように動かしてジュプジュプと出し入れする。

「愛液がものすごく溢れだして…アナルにまで垂れている」

そういやらしい言葉で、わざと聞こえるように大きな声で言うと、アナルからクリトリスに向かって愛液をすくい取るようにベロンと肉厚の舌で舐め取った。

彼女の内腿はあまりの快感に震えていた。

何度も何度も舐め上げられて、クリトリスがビリビリと刺激されて堪らない感覚になっていく。

彼女はベッドのシーツをキュッと握り、イキそうになっていた。

その時、彼女のお尻を持ち上げ、恥骨を前に突き出すような体勢にさせて舐めだした。

「舐められているの見えるでしょ?」

「あぁっ…ダメ…そんな舐め方…あぁんっ…」

俺のいやらしい舌の動き、いやらしい眼差しをよく見ながら。

「あぁぁん…ダメ…そこ…そこ…イキそう…イッちゃう…」

彼女は息を荒げて喘ぎ声を漏らしながら、俺のいやらしい舌の動きを堪能し、きゅっとアナルを締めるとイッてしまった。

その姿を確認すると、俺は指を蜜壷へと挿入させる。

クリトリスでイッた後なのに、彼女の膣奥は俺の指を締め付けている。

「このまま、俺の太い指を感じながら膣でもイッてごらん…』

さらに大きな水音を立て、指が激しく動くとさらに締まっていくのがわかった。

「ダメぇ…イッちゃうぅぅぅ…イッちゃうよぉぉぉぉ」

ピチャピチャと掻き混ぜられる音が、寝室に響き、甘酸っぱい香りが漂わせている。

「卑猥な姿を俺にもっと見せつけて、気持ちよくイッてごらん」

「あぁぁぁ…だめぇ…イッちゃぅぅぅぅ‥‥イクっ!」
イク瞬間、膣奥の方から、ジュワワワと潮が湧き出していた。

「すごいよ…」

俺は抜いた手を彼女に見せた。

かなりの潮が中から出てきたようで、手がビショビショになってポタポタと滴が垂れていた。

「イキ顔もイク声も、素敵だったよ」

彼女から、俺へ抱きついて、唇を重ねていた。


コメント

非公開コメント