山形風俗美熟女性活でセックスできるってよー

山形 美熟女生活

山形風俗美熟女性活でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/124

さくら
さくらNSでした。 中に出さなければって感じでしたけど、出しても大丈夫そうな雰囲気はありました

山形風俗美熟女性活『さくら』とセックス

さくら
生外肉便器!!

チンポ好きだから、外じゃなくても大丈夫!!

百人中に出しても大丈夫!!

がんがん精子をだしてあげましょうね!!

肉便器さくらとのセックスは、こんな感じだろう!!


優しく胸に手が伸ばされる。優しく刺激されて少し反応してしまう。

「ふぅ…」

「綺麗だよ。下もさわっていいかな?」

恥ずかしいながらも、こくこくと頷くと彼は満足そうに笑った。

「ほら、立って。今度は机に手をついて、お尻向けて…」


言われるがまま机に移動すると、手をついてお尻を彼に向ける。


「さくら…このままじゃ見れないから、スカートたくしあげて見せて」


「そんな…恥ずかしいです」


「さくらはさっき僕のものになったでしょ?」


「は…い…」


彼の甘い囁きに思考が追い付かなくなってくる。私は恥ずかしさをこらえながら言われたとおりにスカートをあげた。


と、彼の手が腰に当てられパンツを脱がせていく。そして、大事なところを彼の指が触れた。


「あ…ふ…んんっ」


「可愛いね。だんだん濡れてきたよ」


壊れ物を扱うような彼の繊細な触り方がじれったくも気持ちいい。


「もっと優しくしたかったけど…さくらが可愛すぎて我慢できないな」


そう言いながら先生はカチャカチャとベルトをはずし、ズボンとパンツを脱ぐとゴムをつけだした。


一連の仕草をボンヤリと眺めていると彼に甘く叱られた。


「そんな色っぽいボンヤリした顔でこっち見ない。余計そそられるから」


そう言うと彼の手が腰にあてがわれた。ゆっくりと中に入ってくる先生自身。


「ふっ…これで奥まで入った…さくら、気持ちいい?」


「あぁ…きもちーです」


段々早くなる速度。彼の動きに自然と腰が揺れる。


「可愛い…」


「…ぁぁ」


奥までくる圧迫感。引き抜かれる時に感じる快感にどんどん何も考えられなくなってくる。


「んん…きもちい…」


「えっろ…さくら、気持ちよすぎるからもう出すよ…」


だんだんと早く終わりを感じる動きになってくる。名残惜しさと快感に震えながら本音が出てしまう。


「はい…いっぱいください」


「だからエロすぎ…あー、イくっ」


同時に奥までぐっと入ってこられて息の仕方を一瞬忘れる。彼が中でビクビクと脈打っているのを感じる。


ひとしきり動きが止まったところで、ずるりと中から抜かれた。机にもたれかかるようにしながら崩れ落ちる体。

コメント

非公開コメント