京都風俗京都OL物語でセックスできるってよー

京都 OL物語

京都風俗京都OL物語でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/123

あんな
あんなはG蟻でした。 Gフェラだったし

京都風俗京都OL物語『あんな』とセックス

あんな
服から溢れる~

ぱいおつぅ~

白くて柔らかいぱいおつぅーーーー

スラッとしてるから、マンコは緩そうだけど!!

パイを鷲掴みで、ばこばこセックス!!

後ろから挿入されるのが好きそうだから、後ろからガンガン突いてあげよう!!

肉便器あんなとのセックスは、こんな感じだろう!!


私は身体を起こすと、彼の頬を抑えて、深いキスをした。

「んっ…ふっ…。」

舌を絡めても、唇を舐めても、彼は受け止めるだけだった。

「したいよ。」

我慢ができなくなった私は、彼の股間に手を伸ばした。でもそこはまだ萎えたままで、反応はしていなかった。

「あんな…」

私は自分の欲望を抑えられず、ベッドの中にもぐり、彼の股間に手を伸ばした。

「ちょっ…あんな!」

まだ元気のない彼のペニスをあらわにすると、私は股間に顔をうずめて、口の中にペニスを含んだ。

「あっ!」

彼のペニスをジュルジュルと吸い上げ、私の唾液でヌルヌルにしていった。

私の口の中に納まらないほどの固さを得るのに、あまり時間はかからなかった。

「あんな…ああ…気持ちいい…もっと舐めて。」

切なそうな息遣いの中で、感じているのがわかる。

腰が小刻みに動き、彼の手が私の頭を抑え込んだ。


私のフェラチオで大きくなったペニスが愛おしかった。

両手で柔らかく包み、上下に動かしながら、舌で亀頭を舐めあげる。


「ああっ!あっ!」


女の子のような喘ぎ声をあげる。私は口の中いっぱいにペニスを咥え、舌でベロベロと刺激する。


「あんなっ!あっ!で…出るっ!」


ペニスが大きくビクンッと脈動し、私の口の中いっぱいに彼の精液がぶちまけられた。

ゴクンと飲み込むと、ちょっと苦い味が私の口の中に広がった。

イッたはずの彼のペニスは、一向に萎えず、まだ力を得たまま反り返っている。


「あんな…すげぇいいよ。」


苦しそうな息遣いの中で、彼は私の髪をクシャクシャっと撫でた。

まだ私は収まらない…下着を自分で脱ぐと、私は彼の上にまたがった。


「あんな?」


普段自分から仕掛けることのない私の行動に、彼は驚いた様子を見せた。


「エッチしたいよ。」


私は彼の答えを待たず、蜜のあふれ出した秘部に彼のペニスをあてがった。

私の中は彼が欲しくてうごめいている。ためらうことなく、私は彼の上に腰を落とし、奥までペニスを咥えこんだ。


「あああっ!」


自分でも抑えきれない衝動が私の中を駆け抜け、腰が止まらなかった。


「あんっ!あああん!はあっ!」


激しく腰をグラインドさせ、気持ちの良い部分にペニスをあてる。今まで我慢していたものが爆発するような快感が私を支配していた。


「ああんっ!気持ちいいっ!」


彼は突然の出来事に戸惑うような表情を見せながらも、下から腰を突き上げ、私の胸をまさぐっている。


「あんな…あっ…すげぇ…。」


私はもう止まらなかった。
キスをしながら、腰を動かす。自分の股間を見ると、彼の怒張したペニスが密壺の中に激しく出入りしている…グチュグチュといやらしい音がさらに欲望をかきたてた。


「あっ!ああんっ!はあっ!気持ちいいっ!あああっ!」


自分で気持ちいいところにペニスをあてていたせいか、私の絶頂は思ったよりも早く身体を突き抜けた。頭の中が真っ白になり、力が抜けてしまった私は、彼に身体を預けた。


「あんな…。」


彼は優しい表情で私を見つめていた。


「でも今日みたいなあんな、俺は大好きだな。」


「エロくて最高。」


彼は身体を起こし、私を抱きしめながらベッドに押し倒した。


「次は俺の番ね。」


そう言うと彼は私の身体にキスの雨を降らせていった。

コメント

非公開コメント