群馬風俗大人生活 太田・足利店でセックスできるってよー

大人生活 太田・足利店

群馬風俗大人生活 太田・足利店でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/119

三宅れん
三宅さん綺麗ですか?本番ありますか?体験談教えてください。 とても美人で綺麗な方です。 ですが、残念ながら本梨です。

群馬風俗大人生活 太田・足利店『三宅れん』とセックス

れん

ケツがぷりんぷりんしてそう!!


即、四つん這いにして、後ろからケツを鷲掴み!!


ぐるんぐるん回して、アナルに挿入!!


あぁーたまらん!!


肉便器三宅れんとのセックスはこんな感じだろう!!



彼から抱きしめられた。

いつもより、きつく、強く。

すぐさま、激しくキスされる。

「んっむ…はぅ…ん…」

息継ぎの暇を与えてくれないほどの勢いに、頭がくらくらする。

「れん…」

彼が耳元でこれまでに聞いたことのない、艶のある声で私の名前を呼ぶ。

「続き、しよう…?」

「あっ…ああ…ん」

いつものように、大きな手がゆっくりと私の身体を愛撫する。

ふいに彼は、私の身体に手を這わせるのを止め、私を見つめる。

「れんは、どこを責められると一番ヨがってたの?」

予想外の質問に固まっていると、彼は私の下腹部や太ももを、バイオリンを弾くような手つきで愛撫しはじめた。

やわらかな快楽がじわじわとやってきて、秘部が疼きはじめる。

でも彼は、一番触れてほしいところに触れてくれない。

「あ…っ、彼っ…お願い、あそこもッ…触って…!」

「えっ…?」

熱のこもった息を短く吐きながら、私は彼を見上げた。

彼は今までに見たことがないぐらい、ギラギラした目つきをしていた。

形のよい筋肉のついた胸板から汗が伝うさまには、男の色気がにじみ出ていてゾクゾクする。

私は羞恥で身体が熱を帯びてくるのを感じながら、声を絞り出した。

「……む、ね…っ…あと、乳首も…んっ…っひゃ、ああんッ!」

答えるやいなや、彼は堅くとがらせた舌で私の乳首を刺激し、そしてむしゃぶりついた。

もう片方の果実も、長い指の間に挟まれてコリコリと動かされる。

「んんんっ!…あ、だめ、そんなっ…いきなり…ぁ…ああん…」

胸に快楽の刺激が一斉に集まっていく。

しかし、彼は私の下半身に与えていた熱が冷める前に、空いている手を伸ばし、愛液でじんわりと湿ったくぼみへと指を滑らせていく。

彼が、指先に神経を集中させて赤く熟れたクリトリスを擦ってくる。

「やッ…!ああああああッ!ンンッ…んうっ…あ、あ、はぁ…」

体が無意識のうちにビクン、ビクンと大きく跳ねて、私はたちまちにイってしまった。

「はぁっ…はぁっ…あ…」

ぐったりとしていると、間髪入れずに彼が私に跨ってくる。

限界まで張りつめた彼のモノに、思わず息をのんでしまう。

こんな獣みたいな彼、見たことがない。

彼のペニスがつぷん、と私の中に入っていく。

ある程度入ったところで、一気にナカを貫かれる。

「~~~~~~ッ!!!!」

言葉にならない声をあげながらのけぞった。

その動きに合わせてプルンと揺れた胸の突起を彼がまた咥える。

「っひゃあああああん!」

すでに彼の手と舌で極限まで敏感になっていた私の乳首に、処理しきれない量の快感が走る。

あまりにも大きな刺激を受け取るすべがなくて、涙が出てくる。

「れん、れんっ…!」

彼は一心不乱に腰を打ち付けながら、切ない声で私を呼んでいた。

彼が気持ちよくなってくれているのが嬉しい。

「れん…好きだ…ッ…愛してる…離したくない…れん…!」


余裕のない切ない声で愛を囁く彼に、私の心が打ち震える。


こんなにも彼が私を愛してくれていることを、全身から感じることができて、今この上なく幸せだ。


「離すわけ…ん…あっ…ないよ…彼、私もっ…愛してる…!」


甘く喘ぎながら、あふれる幸せが胸から、手足の先にまでじんわり広がっていく感覚をかみしめていた。


「れんッ…っは、俺、もうっ…」


「あっあっ…、わたし…も」


この日、私は初めて彼とふたりで一緒にイくことができた。



コメント

非公開コメント