長野風俗ピーチガールでセックスできるってよー

ピーチガール

長野風俗ピーチガールでセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/118

ゆん
ゆんは円盤可能なハズレ嬢です!

長野風俗ピーチガール『ゆん』とセックス

ゆん
この写真の女が、外れだってぇーーーー!!

Fカップ!!

極上スタイルで色白、スラッと美人って感じでめちゃくちゃうまそうな肉便器なのにぃーーー!!

なぁーにぃーーー!!

やっちまったなぁーーー!!

ゆんのおまんこに、どぴゅっと!!

ゆんのおまんこに、どぴゅっっと!!

まぁ、この肉便器ゆんとのセックスはこんな感じだろう!!


目の前にある彼のズボンに手にかけた。

「ゆんさん!?」

チャックを下ろして、ベルトを外す。

下着の上からふくらみを口の中に入れる。

見上げると眉を寄せて何かに耐えている彼の顔を見てしまった。

今度は下着から取り出して直接口に含めば、息をのむ音がする。

まずは限界まで口に受け入れて、舌で舐め回して反応するところを探す。

彼が好きなところにあたれば、彼の足がびくりと震えた。

先端のほうが好きらしい。

さっきのキスで好きにされたお返しに、反応した場所を集中的に舌でなぞった。

「やめ・・・なさい」

「やめません」

大きく口を開けて、含んで、吸って、また先の方、彼が反応する部位を舌でこねくり回す。

ほんのり硬かった陰茎が、さらにきんきんに芯を持つ。

「・・・っぐ」

じわじわと口の中に苦味が広がった。同時に私の下腹部もきゅんと熱く痺れる。

「いやなら殴り飛ばしてください。痴女に襲われたと」

「・・・できるわけ、ないでしょう」

立たされて、後ろから首筋に彼の顔がうまる。

彼の腕が後ろから回っている。

ぴったりと寄り添っているだけで刺激が強すぎるのに、荒い息遣いが耳元でした。

「襲って・・・しまいそうになる」

「襲ってください」

「・・・後悔しない?」

「私が望んだことです」

その一言がきっかけに、彼が乱暴な手つきで私のズボンが下ろす。

「慣らす余裕ないから、これを使うよ」

ローションを手に取る彼。

ぬるぬるしたローションが指に絡まりそのまま中に入った。

「っぁ・・・」

「入るよ」

息を着く間もなく、挿入された。

ずぶずぶと音を立てながら熱いものが入ってくる。

火傷しそうな熱。

「大丈夫、かい?動くよ」

最初はゆるやかに、でもすぐに勢いよく体内が犯される。

体の奥がゴリゴリと削られるようで、抑えようとしても甘えた声が出る。

でも、その圧迫感と気持ちよさに息が詰まる。

「ぁ…っ、ぁ…そ、こ……だめぇ」

「ここ、かい?好きなんだね。締め付けてくる」

自分の体が喜んで彼自身を締め付けているのがわかる。

「なんで……だめ……ァ」

体の奥に、当たる。崩れ落ちそうな体を店長の手が抱えるように支えて、さらに深く貫かれる。

「あっん・・・んっ・・・んぅ・・・」

はちみつだけじゃなく、私自身から出る愛液でぐちゅぐちゅと音が鳴る。羞恥と快楽で頭が焼き切れそうになる。

「ゆんさん」

「はっ・・・ぁあっ」

一番奥に、押し込められた熱がびくびくと震えた。

「っはぁあっ!」

「うん・・・っ」

後ろから打ち込まれてがくがくとおぼつかない足。

もうすぐで、絶頂を迎える。そんなとき。

「っ・・・まだだよ」

「へ?」

突然、律動がやんだ。

ぼんやりと机にもたれていたら視点が変わる。

「や、やだあ」

「だめ」

「ふか・・・ふかい」

彼が椅子に座る。

彼の上に向かい合うように座らされた私は足がつかない。

自分の体重で沈み込んで、さっきよりも奥に熱の塊が侵入する。

こんなの、無理だ。

うずいた体にこの衝撃は耐え切れない。

「こんなつもりじゃ、なかったんだよ。もっと大事に、するつもりだったのに」

そんなことを言いながら、一つ一つのボタンが器用に外されていく。

下着を真正面から見られて、自分の顔が真っ赤になるのが分かる。

「なんで、止める、の?」

「ん、ゆんさんは、どうしてほしい?」

「どうしてって・・・っひん」

ブラジャーのホックを外され、あらわになった胸にローションを塗りたくられる。

ぬるぬるとした冷たい感じが、今の私には刺激的過ぎて変な声が出た。

「おいしそう」


「ひゃあっ・・・胸、だめぇ・・・あんっ・・・しゃべら、ないでっ!」


彼の顔が、胸に埋まる。

乳房を舐め回して、乳頭に吸い付く。

上も下も気持ちよすぎて、もっと欲しくて、まるで胸を押し付けるように背中がのけぞる。


「やぁ・・・このままじゃ、や」


早く動いて。

うずいた体の衝動のまま、自分の腰が動く。

でも、自分の体も支えきれなくて、こんな刺激じゃ足りない。

さっきまであんなに余裕のない顔をしていたのに。

まさか焦らされるなんて。


「ゆんさん?」


頬に手を添えられて、雄の顔をした彼が私の目をのぞき込んできた。

唇にはちみつをつけたままで、とてもいやらしい。


「言ってごらん」


駄目だ。

この声に、逆らえるわけがない。

私のあそこも反応して、きゅっと締め付けている。


「動いてぇ」


「それから?」


「いっぱい、いっぱいついて・・・おかしくして・・・ひゃあっ」


ずん、と衝撃が全身に走った。

正面から腰に回った腕に力が入って。その体制のまま、何度も体の奥に衝撃が来る。


「や、そこ、ほんと、だめぇ。あっ・・・あんっ」


「もう無理。っく・・・止まらない」


元々のぼりつめそうな状態で焦らされていた体だ。

あっというまに、お互いわけがわからなくなる。


「来ちゃう・・・・・・ふぁっ・・・あんっ・・・いっちゃうぅうう!!」


「俺も・・・いくっ」


熱いしぶきがお互いの体にかかった。

ぎりぎり中には出さなかったらしい。

しばらく、二人の荒い息遣いだけが続く。

ぐったりとして、動けない。。。

コメント

非公開コメント