京都風俗チェリー 舞鶴店でセックスできるってよー

京都 チェリー

京都風俗チェリー 舞鶴店でセックスしてやる

この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!

参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/79

ゆりか

ゆりか円盤言うやん 3000円やけど


ゆか

ゆかバックでパンパンしたら超キモチよかった


くるみ

くるみ 顔は可愛いい。 スタイルは好みじゃないかなぁ。 引き出し多そうだから、有梨まで辿り着かなさそう。 こっちをガン見しながらのフェラは興奮する。


まい
まいはNS普通にさせてくれるからな

京都風俗チェリー『まい』とセックス

まい
肉便器まいとのセックスはこんなな感じだろう!!

「私を見て、硬くなっちゃったのね?ふふふ、かわいいわね。じゃあ、ここもシフトチェンジしてあげる」

硬くなったアソコの先に手のひらを被せて強く握り、前後左右にメチャクチャにシフトチェンジをするような動作を繰り返した。

「あふ…俺のもう、ヤバイですよ。トップギアに入っちゃいましたよ。…直接、触ってほしいです」

「ふふふ…ごめんね…あなたが、今遊べなんて言うから、つい私も調子に乗っちゃった。いいわよ、直接触ってあげる」

熱いキスを交わす。

押し倒される体勢になり嵐のようなキスに応えながらも、器用に彼女のブラウスのボタンを外しブラをめくりあげた。

彼女のたわわな乳房がプルルンっと揺れる。

乳首はすでに固くとがっていた。

「きれいだ…」

舌を伸ばして吸い付くと同時に、もう片方の乳首を指で優しくつまんでこねるように愛撫した。

「あんっ…気持ちいい…そこ…弱いのよ…」

彼女が股間に手を伸ばして、ズボンを引き下ろした。

「カチンカチンだわ…触ってほしかったんでしょ?口でもしてあげる…」

「俺にもアソコを舐めさせてください…」

「うん、舐めっこしよ」

タイトスカートをたくし上げ、ショーツを脱ぎ、仰向けの顔に自分の陰部が当たるようにまたがり、シックスナインの形になった。

二人はお互いに性器をむさぼりあった。

彼女は喉の奥まで無心に肉茸をほおばり、お稲荷さんのような玉々から裏筋まで丁寧に舐め吸った。

「硬くておいしい…」

俺も負けじと舌を目一杯伸ばして、内ももからおしりの穴まで広範囲にぺろぺろ舐め回した。

淫唇からあふれる果汁をジュッパジュッパ啜る、過剰な吸引音と荒い息づかいが車内に充満する。

「ああん…気持ちいい…。エッチするのは本当に久しぶり…あん、そろそろ、…あなたに試乗しちゃうわよ…」

「俺も…はやく合体したいです。乗ってください…」

彼女はそっと口から陰部を離した。

粘り気のある糸が引き、手の甲で口元をぬぐった。

彼女は馬にまたがるように片ひざを高く上げ、弓なりに反りかえった硬棒に乗り直した。

濡れそぼった熱唇は、ビクンビクンと脈打つ暴れん棒を難なく吸い込んだ。

合体完了。

彼女はお尻で「の」の字を描くように腰を動かした。

ブランクを感じさせない滑らかさだった。

「あん、気持ち…いい…。中で、当たってる…あう…たまんないよ…」

彼女は背を反り返らせ、漏れ出る喘ぎ声を抑えることができない。

「俺も…超、気持ちいいです。こういうのは、どうですか?」

今度は俺が激しく下から突き上げるように高速で腰を振り、彼女の上半身はまるでロデオマシンに乗っているようにランダムに跳ねた。

「あぅ…すごい…いく~…いぐぅ~」

「俺もいきそう…」

「あんん…中に出さないで…」

「あ…やば…そろそろ…いくっ」

彼女は、すばやく俺から降りると、再び手のひらで俺の陰棒の先端を覆うように握った。ほどなく熱い白濁汁が手の中に暴発し、指の間からあふれて垂れてきた。

「はぁふ…はぁふ…すみません…助かりました」

彼女は手近にあるボックスティッシュを見つけ、俺の粘液を拭き取った。


コメント

非公開コメント