長野風俗ミルクシェイクでセックスできるってよー

長野 ミルクシェイク

長野風俗ミルクシェイクでセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/107

なつ
締まりは悪くない。 交渉次第でもうちょいいける。

アコ
アコ 人によって本番あり

ノリカ
ノリカと生本番したんだ追加いくら?? 追加3、中田氏付き

長野風俗ミルクシェイク『ノリカ』とセックス

ノリカ 長野ミルクシェイク
なまなまなま肉便器!!

生大好き、生大好き!!

敏感濡れぬれに、生でレッツゴーーー!!

肉便器ノリカとのセックスはこんな感じだろう!!


彼は、私に向かって、手を差し伸べた。

黙って、その手を取る。

ゆっくりと手を引かれ、私はそのまま、彼の腕に抱かれた。

深いキスだった。

唇が輪郭をたどり、下へ下へと降りてゆく。

乱暴な動作などひとつもなく、私の服を脱がせる。

彼も、着ているものを脱ぎ捨てる。

裸になった私たちは、見つめあう。

彼の瞳は、潤んでいた。

「ノリカさんは、綺麗だね…」

もう1度、唇に軽くキスされる。

彼の唇は私の喉を伝い、乳房を這って、乳首を吸い上げる。

「あ…」
「ノリカさんは、乳首が感じるんだね。もっとしてあげるよ」
「あぁ…や…ぁっ」

 の乳首には甘噛みしながら吸い付かれ、左の乳首は指でつまんでいじられ…。

丁寧なその愛撫に、私は早くも濡れ始めていた。

思わず、両足を擦りあわせる。

「感じてくれてるんだね…」

耳元で、ささやく声が聞こえた。

その声は、湿っている。

乳首に吸い付きながら、彼の手が、私の秘所に忍び込んできた。
 2枚のひだの間を、1番敏感な部分ごと、繊細な指がなぞる。

「あっ…あぁ…っ…」

思わず声を上げた私の顔を、彼が嬉しそうに見ている。

いったん愛撫をやめて、彼は私の目を覗き込んだ。

「僕は、ノリカさんと一緒に、気持ちよくなりたいんだ。意味が分かる?」


早く挿入したいという意味だろうか、と考えた。

何度目になるのか、また軽くキスされた。


「こういうことさ…」


彼さんは体を反転させた。


私の目の前には、とうに固く張りつめたものがあった。

そして、彼の目の前には、私の秘部がさらされていた。


間髪を入れず、その部分が派手に音を立てた。

同時に、激しい快感が私を襲う。

指が忍び込んでくる。


「あ…あぁ…ん…っ!」
「ノリカさんだけ感じてないで…僕のことも気持ちよくしてよ…」


私は無我夢中で、目の前のものを口に含む。

彼の吐息が、私の敏感な部分をくすぐる。


これまでに経験がないほど、舐められ、吸われる。

甘噛みされ、指を出し入れされる。

私の秘所が卑猥な音を立てている。


彼が私を振り返り、懇願するように言った。


「ノリカさん…早く…早く欲しいよ…。もう、我慢出来ない…」


彼はまた体を反転させて、私を抱きしめた。


私も、早くこの人が欲しい。

この人の優しさに、もっと抱かれたい。


耳元で聞こえるのは甘い吐息。

荒々しい喘ぎ声などではなく、その甘さに違わぬ仕草と動作。


そっとかき分けるように、彼は私の中に入り込んできた。


そして、知らず知らずのうちに、奥まで入り込まれてしまっていた。

一番奥で感じる彼は、思いもかけない熱を持って、私を突き上げてきた。


「あ…っ…あ…っ…。そんなにしたら…ぁ…」


ひとつになった部分からは、卑猥な音が聞こえる。


私はただ、喘ぐことしか出来なかった。


「この10年、本当に夢にまで見たんだ…。このままイカせて…」
「待って…私も…もうちょっと…」
「ノリカさんもイキそうなの…?どうしたらイケそう…?」


激しくしたり緩めたりしながら、彼さんは私を突き上げる。


「ねえ、どうしたらいいか、ちゃんと言って…。ノリカさんもイキそうになってるのに、僕ひとりでイクなんて、寂しいよ…」
「もう…少し…。もう少しだけ…」


彼の息遣いが止まったように思えた。


深く、浅く、彼は突き上げてくる。

自分でも、どうして欲しいのか、よく分からなくなるほど感じているのに…。


私は、快感の波の間を揺れ動く。


…どれくらいの間、そうしていたんだろう。

私にも、明らかな絶頂が見えてきた。


「イク…イッちゃう…っ!」
「僕も、もう我慢出来ない…っ!」


耳元で、陶酔した呻き声が聞こえた。

どさり、と彼の体重が落ちてくる。


コメント

非公開コメント