山形風俗ガーマンジールZでセックスできるってよー

山形 ガーマンジールZ

山形風俗ガーマンジールZでセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/102

えな
えなは、かわいいオススメです。

まり
まりとなぎさはパイパンだった

なぎさ
でも なんだかんだ言っても なぎさちゃんが 一番可愛いよね

山形風俗ガーマンジールZ『えな』とセックス

えな
騎乗位が得意そうだ!!

ガンガン腰を振ってきそうな雰囲気をだしてる!!

アナルも好きそうだ!!

この肉便器えなとのセックスはこんな感じだろう!!


「抱いて、抱いてください」

私は背伸びをして彼の唇に唇を重ねた。自分からキスをしたのは初めてだ。彼が驚いて目を見開いた。

私はかまわず彼の唇を舐め、口中に舌をさし入れた。彼がすぐに私の舌を吸い、甘噛みする。じんと軽い痺れが腰に伝わった。私の秘所からとろりと最初の雫が湧きだす。

私は彼のバスローブの紐を解いて前をはだけさせた。彼のたくましいものは、すでに硬く立ち上がっている。ひざまずいて彼のものに手を添えて頬ずりする。とても温かい。心が溶けそうなほど濃厚な男の人の香りがあふれている。ごくりと喉を鳴らして私はそれを口に含んだ。

「そんなことしなくていいんだよ」

一度、口を離して彼の顔を見上げる。

「欲しいの。あなたのすべてが欲しいの。口にも胸にもあそこにも、今日は全部にください」

また口にくわえようとした私を彼が横抱きに抱きあげた。

「ああ、いくらでもあげるよ。今夜、君は僕だけのものだ。離さないよ」

ベッドにそっと寝かされてバスローブをはだけられる。明るい室内の照明を消そうと彼が伸ばした腕を、そっと押さえて止めた。

「なにもかも見たいわ。いつまでも覚えていられるように。あなたがどんな表情で、どんな瞳で私を見ていたのか知りたいの」

彼は私の目をじっと見つめて優しくキスしてくれた。触れるだけの軽いキス。いつもの幸福感は生まれない。そのかわり、私の体にあっという間に火が付いた。

彼に抱きついて彼の腰に足をからめる。全身で彼を抱きしめたかった。彼も私の体にぴたりと寄り添い、力強い腕で私を離さないように彼に縛りつけた。

私は彼に腰を擦りつけた。彼のものが私の下腹に当たってムクムクと大きくなる。今すぐにでも欲しくて彼さんから手を離し、その大きなものをギュッと握った。

彼は驚いて体を離した。その隙に彼さんを押し倒して腰の上にまたがる。彼のものを握って腰を落としていく。

私の中からあふれた雫がとろりと彼のものにこぼれかかった。

「彼女、なんていやらしい子なんだ」

彼がいたずらっこのような笑顔で私を見ている。私はぺろりと舌なめずりして彼のものを体内に招き入れた。

「あっ……ん」

先端が入っただけで電気が流れたかのように快感が背中を駆けのぼった。その快感を長く感じていたくて、先端だけを小刻みに出し入れして、私の入り口をひっかく。

「はぁん、気持ちいい」

「僕ももっと気持ち良くなりたいよ」

彼にねだられるままに、私は深く腰を下ろしていく。彼のものが少しずつ私の奥に入ってくる。ゆるゆると腰を下ろして彼の形を体に刻みこもうと、そこにだけ集中した。

すると今まで感じたことがないほどの快感が沸き上がり、私の股間にキュっと力が入った。彼の口から喘ぎ声がもれた。

「うっ……、気持ちいいよ」

その声に導かれるように私は一気に腰を下ろした。ズンと強い圧迫感がおなかの奥に響き渡る。

「はあああん!」

思わずのけぞって喘いだ。こんなに深くまで彼を招き入れたのは初めてだ。私の体の奥の奥まで彼でいっぱいになった。

「動いて」

私は言われた通り腰を前後に動かす。パチュパチュと淫らな音が耳に響く。

「んっ」

うわごとのように彼の名前を呼びながら円を描くような動きに変える。彼のもので私の中をグッチュグッチュと激しくかきまわし、自分の本能のままに快感をむさぼる。

彼が手を伸ばして私の胸をわし掴みにした。ぎゅっと握られた乳房全体から弱い痛みが走ったけれど、それは甘いしびれになって、私の股間からさらに液体があふれた。

今度は腰を上下させて入り口から奥までを力強く擦る。

「はぅん! いいの! もっと奥に来て!」

私がねだると彼は下から腰を突きあげた。脳天まで衝撃が伝わる。

「きゃぁん! 深いぃ、ああ、きもちいい!」

「僕も気持ちいいよ。コンドームをつけるから一度抜くよ」

「だめ! このまま、このままでください。奥にたっぷり出してください」

「あなたの赤ちゃんが欲しいの。もう二度と会えなくていいから、私に赤ちゃんをください」

彼は目を細めて微笑むと下からガンガンと腰を突きげてくる。

「あん! あん! ひゃん!」

股間でぬめる水音は、じゅぶっじゅぶっと泡立つものに変わった。私は腰を回す動きに変え、彼が打ちつける大きくて硬いもので体内の壁をこすっていく。体内のすべてに彼の味を覚えさせたい。彼の硬さを忘れたくない。

「いくよ。君が欲しいものを出すよ」

温かいものが勢いよく私の奥の奥、秘密の場所に注ぎこまれる。今まで知らなかった温かさが下腹部全体に広がる。

ドクドクと何度も脈打ちながら彼の液体は私のために、私だけのために、あふれるほど注入された。

「ああ」

私は身体を倒して彼に口づける。暖かく私を包みこんでくれる優しいキス。

コメント

非公開コメント