青森風俗ライムライトでセックスできるってよー

青森 ライムライト

青森風俗ライムライトでセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/99

りお
リオと会ったよー。いい娘だった。オキニです。


青森風俗ライムライト『りお』とセックス

りお
セックスが好きそうな、ふわぱいギャルちゃん!

ぱいぱいに、ちんぽを挟んでふにゃふにゃしたいなぁー!!

おまんこがぐちゃぐちゃにすぐなりそうだ!!

ちんぽ大好き肉便器りおとのセックスは、こんな感じだろう!!


彼は私の頭にキスをし、抵抗しないと分かると今度は頬に、そして唇に優しくキスをしてきた。

そっと目を開けると、彼と目が合い、恥ずかしくて目を背けた。

すると彼はもう一度、今度はもっと深くねっとりとキスをしてきた。

舌と舌が絡み合い、その音で恥ずかしさが増してくる。

彼の手は私の服の中に伸びてきて、下着の上から胸を揉まれた。

「んっ…」

キスの合間に声を漏らすと彼は直接胸を触り、乳首を指でいじってきた。

更に声が我慢できなくなる私を感じ、唇が離れると今度は胸のほうにキスを落としていった。

「あっ…」

思わず声を上げてしまった私を意地悪そうに見上げると、乳首を舌で転がし、指は秘部を触り始めた。

下着の上からクリを見つけると、やさしくなぞるように下から上へとなどっていく。

敏感になった私の身体は、素直に感じることしかできず、下着はあふれる私の愛液で汚れていった。

彼は私の下着を脱がせ、足を開かせると、したたる愛液を舌で舐めとった。

クリを舌で転がされ、どんどん溢れてくる愛液を彼は美味しそうに吸い、飲み込んでいく。

それを何度も何度も繰り返され、イきそうになってもイかせてくれず、私の頭の中はぐちゃぐちゃになっていた。

「もう、イかせて…!」

そう懇願すると、彼は舐めるのを辞め、ゆっくりと彼のものを挿入してきた。

さんざんほぐされた私の身体は彼の大きなものをすんなりと受け入れた。

一気に奥まで入れられると、開放されたように私は思いっきりイってしまった。

その様子を見て嬉しそうに彼は中をゆっくりと味わい始めた。

具合を確かめるように出し入れされ、またすぐイきそうになる。

それを感じとったのか、彼は腰を止め深いキスを求めてきた。

舌を絡ませ口の中を味わうとまた動き出し、またイきそうになると止められる。

イきたくてもイかせてもらえず、切なくてぽろぽろと涙が溢れてしまった。

「お願い」

と懇願する私を見て、楽しそうにしている。

「もうむり」

私は痺れを切らし彼の上に乗ると、腰を激しく動かし、果てた。

その様子を彼はずっと下から楽しそうに眺めている。

果てるのを見ると今度は下から激しく突いてきた。

そしてイってもイっても止めてくれず、彼は何度も私の中に吐き出した。

もう何度イったかもわからず、いつの間にか気を失っていたようで、気づけば私はベッドで横になっていた。

隣には彼がいて、私の頭を愛おしそうに撫でていた。

声を掛けると、彼は私の頬に優しくキスをし、「また、しよう」と呟いた。

コメント

非公開コメント