富山風俗マダムバンクでセックスできるってよー

富山 マダムバンク

富山風俗マダムバンクでセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスができると噂の肉便器たちです。

参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/98

しの
基盤だよ!

もあ
もあ生中でした!

かりな
円盤!諭吉意外は興味なし!

富山風俗マダムバンク『もあ』とセックス

もあ
生中、生中本番できちゃう!!

パンツをずらして、いきなり生挿入!!

お下のお口を真っ白しろに埋めてやる!!

セックス大好き肉便器もあとのセックスはこんな感じだろう!!


彼は背中から私を強く抱きしめた。

私の髪をかきあげ、うなじにキスをする。

「不思議ね。あなたに抱かれていると、あなたの体とわたしの体、どんどん境目がなくなっていくようなの。愛し合ってひとつになるって、こういうことなのかしら」

そこまで本気で感じているわけでもないけれど、こういう表現をすると、彼はとても喜ぶし、いろいろと頑張ってくれるようになる。

私の体をすみずみまで愛撫し、私を先にいかせようとする。

それこそ足の指の一本一本にまで唇を這わせ、私が嫌がるような乱暴な真似はけっしてしない。

どうにかして私に「もう待てない、早く入れて」と言わせたいのだ。

そうやって女から強く求められることで、男としての自信を得たいのかもしれない。

いい年齢をした男が私の体を嘗め回し、赤ん坊のようにすがりついている姿は、むしろ滑稽にすら思えるけれど。

彼がここまで努力しているのだもの、少しは褒めてあげなくては。

「ああ、いい……。いいわ、とても……。感じるわ」

甘くかすれた声で囁いて、私も彼の体に手を伸ばす。

彼の背中や胸元を撫で、自分から腰を揺らして彼の愛撫に応える。

「あっ、あ、ああっ。す、すごいわ。こんなの、初めてよ――」

作り声を出しているだけで、女って不思議なものだ。

自分でもだんだんその気になってくるみたいだ。

私の喘ぎに煽られたのか、彼はますます熱心に私の体をまさぐり、舌を這わせた。

私の乳房を両手で大切そうに撫でまわし、音をたてて左右の乳首を交互に吸う。

やがて彼の唇は下へ滑り、私の下腹部にたどり着いた。

私は自分から大きく脚を開き、彼を迎え入れた。

熱っぽい舌がぬめぬめとそこを這いまわる。

「あっ、それ、だめ。感じちゃうっ」

思わず高い声が出た。

性器を嘗めてもらうこの快感だけは、自慰などでは味わえない。

「いいわ、いい、すてき――!」

「来て、お願い。もう待てないの。あなたが欲しいわ」

少し大げさに喘いで見せると、彼の興奮は一気に高まった。

もたつきながら避妊具をつけ、私の中に入ってくる。

「あ、う――うぅうっ!」

挿入の瞬間には低い呻き声が漏れた。

「ああ、いい。いいわ」

熱いものがぬるぬると滑り、私の中を出入りする。

内側からじわじわと何かが広がってくるようなこの感覚も、この時しか味わえない。

彼は私にしがみつき、我を忘れて腰を振っている。

「いいよ、もあ、すごい、いいっ!」

「私も、ああっ、ああ、いい、もっと……もっと、きて!」

私がリズミカルに二、三度、軽く締め付けてやると、彼は簡単に達してくれた。

「素敵だったわ……。あなたは私に、今まで知らなかったことばかり教えてくれるのね」

全力疾走の直後のように汗だくになった彼は、はにかむ子どもみたいな笑顔を見せた。


コメント

非公開コメント