群馬風俗いちゃいちゃオフィス高崎でセックスできるってよー

群馬 イチャイチャオフィス

群馬風俗いちゃいちゃオフィス高崎でセックスしてやる


この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!

参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/96
愛澤あのん
体型はいいだけに残念だよね 顔も悪くはないと思うけど、やる気ないし口内すらないのはちょっと ローション塗りたくるけど、何であんなにガバガバなんだろうね

寺島みゆ
みゆはありだよ。しかも締まりやばい

宮野える
えるちゃんありだよ

斎藤しおり
おれはロハだった

北見るるあ
俺は巨乳でおデブ好きだからるるあオススメだな のりよし期待にこたえてくれるし 本2回

藤村ちなみ
ちなみちゃんって蟻ですか? 諭吉一枚でありだった

群馬風俗いちゃいちゃオフィス高崎『寺島みゆ』とセックス

寺島みゆ
ロリ顔でちっパイにみえるけど!!!

こう見えてEカップ以上!!

という、爆弾ぱいぱいをもってるのだからたまらん!!

この可愛い顔をぐちゃぐちゃにゆがめてやりたい!

むちくちゃにぱいを、鷲掴みにして

痛め付けてやろう!!

このくそ肉便器ちゃんを。、。

肉便器寺島みゆとのセックスはこんな感じだろう!!

私を引き寄せ、唇に噛みつかれた。

唇を奪われた事に唖然とし、そしてそれ以上に、熱っぽい視線にどぎまぎする。

はぁとため息をつく彼は、信じられないくらい、色っぽい。

「キスだけでこんなことになってんだ?」

「や! はずかしいよ……」

髪を引っ張ったところで、彼は止まらない。

ショーツの上から「そこ」に口付けられる。

「ひぃあっ!」

レロと舌で陰核を舐める。

唇で食んだり舌で舐めたり突いたり、何度も弄ぶように行き来する舌。ぞわぞわとした快楽に、自分でも陰核が勃ち上がってしまったことがわかる。

「あ、あ、あっ! ひ、ぅっ……! やめっ……」

止めたくて、漏れた声は、気持ちよさに掠れて説得力なんてなかった。

ショーツを足から抜き取った彼は、私のそこを眺めて嬉しそうに「えろ……」と呟く。

「可愛いな、みゆちゃんのクリ。もっとさわってっておねだりしているみたいにヒクついてる……」

「やだ、待って、だめ、お願い、見ないで……!」

「無理だって……すげぇ、エロくて可愛い……」

私の悲鳴なんて無視して、彼は私のアソコに舌を這わせた。被った皮の上から舌でクリをなぞられたとき、背筋がびくんと跳ねる。

――くちゅっ! じゅっじゅぅ……っ!

「きゃああ! ひぁっ! あん!」
 

クリを唇ではむはむと甘噛みされ、吸われた時。

ナカからとろとろと気持ち良くてたまらない液が溢れる。

それをまた舌ですくわれ、ぬるぬるとクリを転がされるたびに気が狂うほどの快楽が押し寄せた。

「いやああっ! だめぇええ!」

その波はあっと言う間に私を飲み込み、身体がひくひくと痙攣する。……でも。

「ゃあっ! ぁ、あ! あぁッ!」

そんなものはお構いなしに彼の愛撫は続いた。

すっかりまるまると顔を出したクリの先端を舌先でくるくるくると弄び、根元に歯を当てられる――その瞬間に我慢できない快楽が再び私を襲う。

「だめぇえええ!」

二回目の絶頂は、信じられない程短いスパンで訪れた。

唾液と愛液を使ってクリの包皮をプルンと完全に剥かれたとき、逃がす事のできない快楽が再びクリに集中する。

気持ち良すぎる波が怖くて、腰を捻って逃げようとしたけれど、押さえつけられて抵抗ができない。

「大丈夫、痛いことはしないから。ただ、ちょーっと、気持ちよくなるだけだって」


彼はそう言ってふぅっとむき出しのクリに息をふきかけ、パクリと再び口内に収めた。


「ああああ! それ、やだぁあああ!」


飴玉を転がすようにめちゃくちゃな動きでころころとクリを舐められた時。

一回目の絶頂以上に身体が痙攣し、私がぐったりと果てた。


「はぁはぁ……も、もう、いじめないでぇ……」


こんなはしたない姿を見られて、恥ずかしくて恥ずかしくてたまらない。


「最後までさせて?」


お願い、とおねだりされる。

スーツの上からでもはっきりわかる程大きくなった彼のそれ。

私はごくりと息を飲む。


「や、優しくてくれるなら……」


いいよ、という意味を込めて自分からキスをした。

するとその唇の交わりはやがて濃いものになり、とろんと気持ちよくなってから彼を見上げると……。


「ん……。極力優しく、すげぇ気持ちよくするわ」


私の知っている子犬の笑みじゃなくて、狼が舌なめずりをしていた。


彼は私をソファに寝かせ、密口にソレをあてがう。


「力、抜いてね……っ!」


「ッ──!」


――ぐちゅっ! ずっずっ……!


何とも形容しがたいその圧迫が、私のナカを貫く。

その瞬間、熱くて、でもどうしようもない熱が下腹部に集まった。


「はっ……みゆちゃんのナカすっげぇ……きゅうきゅう締め付けてきて、すぐにイきそ……」


――くちゅん! ぱちゅっぱちゅっ……!


耳をふさぎたくなるようなエッチな音を立てて刺激が与えられる。

ゆっくり、ギリギリまで引き抜かれたそれが、最奥にごりっと当てられたとき、三度果てそうな感覚になる。

「やあああッ! も、だめ、おかしくなる……! や、だめぇぇえッ! も、いっちゃぁあっ!」


「はは……みゆちゃんイきっぱなしになっちゃった? 俺も、もうそろそろだわ……くっ!」


「ああああああ!」


再び奥をぐりっと突き上げられた時。自分でもはっきりと彼の形が分かるくらい締め付け、果てた。

ひくひくとその熱くて固い形を感じ、私は絶頂の荒波に飲まれる。

彼の荒い呼吸を肌で感じながら、そのわずかな刺激すら気持ちよかった。



コメント

非公開コメント