岡山風俗タレントクラブアダルトでセックスできるってよー

岡山 タレントクラブアダルト

岡山風俗タレントクラブアダルトでセックスしてやる

この女たちとセックスしてやる。
オレのちんぽを◯◯してやる。

セックスできると噂の肉便器達を見つけたぞ!!
参考:http://derry-s.com/honban/girl-list/91
あきほ
リアル蟻さんだけ書いてけ まずアキホ

つかさ
ヒトミ ツカサ両方蟻

ひとみ
ヒトミ ツカサ両方蟻

岡山風俗学校でタレントクラブアダルト『あきほ』とセックス

あきほ
白パイ、しろぱい、しろぱいちゃん!!

ふわふわふわふわしてて、うまそうだ!!

色白でちんぽが好きそうな肉便器ちゃん!!

バックからガンガンつかれるのが、好きそうな肉便器あきほちゃんとのセックスはこんな感じだろう!!

彼女に優しくキスをし始めた。

キスから、彼女を愛おしいと思う気持ちが伝わってくる。

俺の手が、耳元から首筋、鎖骨までとゆっくり…丁寧に愛撫を与えられる。

そしてその手が、そっと彼女の服のボタンを外し始めた。

「待って…」

そうは言いながらも、俺の優しい手によってどんどんからだが熱くなってきた。

彼女はもう力が入らず甘い吐息が漏れ始める。

「はぁ…あっ…あぁ」

彼女の乳房をそっと舐めまわしながら、俺は彼女のからだ中に優しく触れた。もう彼女の心臓は壊れそうだった。

「欲しい…欲しいよ」

俺は、欲望に耐えかねたような声でそう言った。

彼女の陰部に触れた俺の手が、クリトリスをゆっくりと刺激してきた。

「いっぱい濡れてるね。気持ちいいの?」

「そんなこと言わないで」

「うれしいよ」

俺の舌先が、そっと彼女の陰部をなぞった。ゆっくり…ゆっくりと舐めまわされる。

あまりの優しい舌遣いに、彼女は快楽に包まれるとともにもどかしさも感じ始めていた。

「もっと…もっとして。いっぱいして。激しくしてほしいの」

「かわいいね」

俺は、急にクリトリスをきつく吸い上げた。

「あああ!だめ…だめぇ!」

クリトリスを舌で執拗に責めながら、俺の太い指が膣内をかき乱す。穏やかで優しかった愛撫が激しいものに変わった途端、彼女は追い立てられるように絶頂に達した。

「私、変になりそう」

「いいよ。いっぱい乱れてるところ見たいな」

俺の指に、一層激しく陰部を刺激される。

「気持ちいい。あっ…あああ!」

ぐちゃぐちゃと淫らな音が響き渡り始める。耐え難い快楽に彼女は腰をくねらせたが、俺の動きはさらに激しくなるばかりだった。

「ダメ…もうダメ…あああああ!」

「イっちゃったね」

イったばかりの彼女の乳首に、俺は激しく音を立てながら吸いついた。

「はぁ…はぁ…。気持ちいい…」

放心状態の彼女の陰部に固くなった俺のペニスがゆっくりと侵入してきた。しかし、穏やかだったのは最初だけだった。次第に、彼女の奥深くまで激しく突き上げ始める。

「すごい締め付けてくる…きつくなってきた」

彼女のからだ中がしびれ始めた。何度も奥を突かれ、あまりの快楽にはじけ飛んでしまいそうになる。彼女はもう何も考えられなくなっていた。

「彼女のこともっと見たい」

俺は彼女の腕を取り、上になるように促した。

「好きなように動いていいんだよ」

「いや…恥ずかしい…」

そう言いながらも、奥深くまでグイっと入り込んだ俺のペニスに脳天まで突き刺さるような快楽を感じ、無意識のまま腰を動かしてしまう。

「もっと激しく…もっと激しく動いて。きれいだよ」

俺は上体を起こし、お互いを求めあうかのように抱き合いながらさらに激しく腰を動かした。

「ああああ!」

彼女の愛液がたっぷりと溢れ出る。

「いっぱい感じてくれたね」

再度、彼女をベッドの上に寝かせると、俺は硬くなった乳首を口に含みきつく吸った。

「して…もう一回して…」

頭がボーっとしたまま、放心状態だったが、彼女の体は欲しくて欲しくてたまらなくなっていた。

「そんないやらしい彼女もかわいいね」

ゆっくりと彼女の陰部にペニスを添わせた。

「あっ…ん…」

グイっと挿入した途端、動きは激しいものになった。彼女の体に、痺れるような感覚が走る。

「イク…イクよ」

「私も…あっ…ああああ!」

とめどなく愛液があふれ出てくる。俺はぐったりとした彼女の太ももに優しく触れながら、口で陰部をキレイにしてくれた。

彼女は力の入らないからだで俺の首に手を回した。残り時間を惜しむように抱きしめ合う。

コメント

非公開コメント